ゲルマニウムブレスレットってどう?

ゲルマニウムブレスレットは美容、健康器具として、また、アクセサリーとしても今注目されているブレスレッドのことです。

 

最近は通信販売などを通しても非常人気がでてきました。

 

そもそもゲルマニウムというのは原子番号32の元素で元素記号はGeと書く炭素族の元素の一つです。

 

あのシリコンより狭いバンドギャップ(約 0.7eV)を持つ半導体で、結晶構造はダイヤモンド構造。

 

英語読みはジャーマニウムといいます。

 

主な用途は初期のトランジスタに使われていたり、他にもダイオードなどの電子部品としてよく利用されています。

 

そして最近注目されているのが人体への影響。

 

貧血に効果があったり、新陳代謝を活発にし、疲れが取れるなどの効果があると言われています。

 

ただし、注意したいのがあくまでゲルマニウムによるこのような効果が「言われている」ということです。

 

実はこのゲルマニウム、医学上はまだその効果を認められてはいないのです。

 

しかし、現在でもゲルマニウムを使った製品は多く出回っていますし、その効能を得られたという人は少なからずいます。

 

というか、少なからずいなければ製品自体が出回らないでしょう。

 

ただ、注意したいのがこのゲルマニウムで事故も起こっているということです。

 

商品などには注意書きが必ずありますから、それらを守ればまず大丈夫ですが事前にしっかりチェックしておくことも大切でしょう。

 

さて、このゲルマニウムブレスレットもそんな注目の商品の一つでしょう。

 

ゲルマニウムブレスレットが近年人気が出ている理由はもちろん、上記のような美容健康に効果があることについてですが、他にもネックレスなどに比べるとこのゲルマニウムブレスレットは手軽に身に付けられるという点が挙げられるでしょう。

 

ネックレスタイプは確かに肩などに直接近い位置に来ますから効果が得やすいですが、どうもネックレスの類自体が苦手という人がいるようです。

 

ゲルマニウムネックレスをつけてみたは良いけれど、逆にそれ自体が気になって肩がこってしまったという人もいるようです。

 

そんな人にはこのゲルマニウムブレスレットが最適でしょう、腕時計などをつける感覚でつけられますから、ネックレスに抵抗のある人でも安心です。

 

ただ、最近は携帯電話の普及などでブレスレッドはおろか腕時計もつけている人が少なくなってきましたから、このゲルマニウムブレスレットでも抵抗のある人はあるでしょう。

 

まあ、そのあたりは自分にあったものを選んでいけば大丈夫でしょう。

 

ともあれ、効果の是非はともかく今大注目を浴びているこのゲルマニウムブレスレット。

 

健康や美容で悩んでいる人はもちろん、話の種にも一度身に付けてみてはいかがでしょうか。