ゲルマニウムの効果とは?

ゲルマニウムの効果についてみなさんはどのくらいご存知でしょうか。

 

そもそもゲルマニウムというのは原子番号32の元素で元素記号はGeと書く炭素族の元素の一つです。

 

あのシリコンより狭いバンドギャップ(約 0.7eV)を持つ半導体で、結晶構造はダイヤモンド構造。

 

英語読みはジャーマニウムといいます。

 

主な用途は初期のトランジスタに使われていたり、他にもダイオードなどの電子部品としてよく利用されています。

 

他にもガンマ線の放射検出器(半導体検出器)などにも使用され、その活動分野は幅広いものとなっています。

 

特に、上記の例のような医療や電子部品への活用が近年目覚しい金属といえますね。

 

そして最近注目されているのがこのゲルマニウムの効果における人体への影響でしょう。

 

貧血に効果があったり、新陳代謝を活発にして疲れが取れるなどのいわゆるゲルマニウム効果があると言われています。

 

ネックレスやブレスレッドやはてはローラーまでこのゲルマニウム効果を目的とした様々な商品が開発されていますから、興味の無い人でも一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

スポーツ選手(主に野球選手)が首からうねうねとねじったネックレスをしている場合がありますが、あれがまさにそうですね。

 

あのネックレスはゲルマニウムが練り込んであるものでプレイ中の披露などにゲルマニウム効果をあげようという意図のもとにつけていると思われます。

 

ただし、注意したいのがあくまでゲルマニウムによるこのような効果が「言われている」ということです。

 

実はこのゲルマニウム、医学上はまだその効果を認められてはいないのです。

 

しかし、現在でもゲルマニウムを使った製品は多く出回っていますし、先のスポーツ選手の例のようにその効能を得られたという人は少なからずいます。

 

というか、少なからずいなければ製品自体が出回らないでしょう。

 

実際少なからずいます。

 

ただ、注意したいのがこのゲルマニウムで事故も起こっているということです。

 

中には死亡というケースもありますのでとても恐いものです。

 

とりあえず注意したいのは口には絶対に入れないことでしょうか。

 

悪影響をおよぼす可能性が非常に高いです。

 

ゲルマニウム効果を謳っている商品などには口に入れないことはもちろんそういったことを書いた注意書きが必ずありますから、それらを守ればまず大丈夫です。

 

ともあれ事前にしっかりチェックしておくことも大切でしょう。